面接時!家族のやりとり見られてますよ!

受験生はまだ3さいの幼児です。言葉の端端やしぐさで生活をみられてしまいますから。本当に学校を理解して希望しているのか?本当に良好な親子関係が構築されているのか?学費をはらっていける経済力はあるのか?面接では親と子どもの質問の中にこのような事に重点を置いて、面接時に質問されているところもあるようです。しかし、面接の多くは親の力を見ているとも言われています。子どもを飽きさせないように、静かに遊べる物を用意すると良いそうです。親子がどのように接しているのかを見ているようです。そんな時の対応も見られているようです。でも、面接を肯定的にとらえて受ける事が出来ずに不安なお母さんお父さんもたくさんいます。子どもに注意を促す時や接し方に普段の行動があらわれるそうです。子どもも緊張してしまったり、ふざけてしまったり、と面接は親が描くようにスムーズにはいかないようです。幼稚園お受験でもっとも不安な事は面接と言う方もおおいでしょう・・小さな子どもが頑張っているのを見ているのだから、親も精一杯努力しようと思います。でもどんなに用意していた答えでも緊張しますね。ですから普段の家庭の中でも言葉遣いや態度に注意しておくことが肝心です。面接の質問の内容ももちろん本当の気持ちです。でも、普段の生活が大切なのですね。お受験には折り紙や絵本など静かにできる物を用意するのも良いです。ぬいぐるみや玩具はNGです。幼稚園のお受験は家族で受ける受験ともいわれているぐらいですね。家族の協力が不可欠でしょう。