男の子を産み分けしたい?

最近の産婦人科ではあまり早い段階で性別を知らせないところもあるようです。なぜなら、両親の多くが女の子を希望してからだそうです。どうして、女の子が欲しいのかと言えば、自男の子は育てにくく、将来結婚しても実家に入る可能性が少ない。その点女の子は、結婚しても自分の親の面倒をみる人が多いからという意見もあるようです。産婦人科には、どうやったら産み分けが出来るのかを聞いてくる人も少なくないようです。逆に、何代も続いた旧家に嫁いだお嫁さんは男の子を生まなくてはいけないとプレッシャーに感じるそうです。昔は、長男を特別扱いして、家を継がせる方針の家も多く現代の考えのお嫁さんには、納得できない部分も多いようです。一番上に女の子がいて、次に男の子、最後に女の子のお子さんたちを持つ知人の話です。いずれ旦那さんの実家に入る事を約束しているそうですがママ迷っているそうです。その大きな理由に、曾祖父の分かりやすい、差別だと言っていました。真ん中の男の子をあまりにもかわいがり、他の二人の娘が一緒にいても目に入らない様子だそうです。その光景がママには我慢出来ないのでしょう。昔の考えと今の考えが大きく違ってきていて、自分の子を自分の思ったように育てる事は難しいのかもしれません。ママ達の多くがそれぞれの環境を考えて産み分けをしたいと思っているようですね。産み分けの方法をいろいろ紹介しているサイトもあるようですが、あまり参考にならないのかもしれませんね。