早期学習がよいのか?中学校からのお受験問題の意図とは?

受験も中学校となると、親の意気込みだけでどうにかなるものではないですよね。中学校へのお受験志望者も増えています。今や公立小学校からも中学受験をする子どもたちがクラスに一人や二人いるのではないでしょうか。中学受験をする子どもの多くが「進学塾」へ通っているのが現状で、出来る子との差がなかなか埋まらないと不安になるでしょう。進学塾も成績優秀な子どものレベルに合わせて進行してしまうような傾向もあるようですよ。詰め込みで教えますから、付いていけなくなると成績はあがらないでしょう。どんなに進学塾に行っていたとしても、基本は家庭学習にあるようです。まだまだ遊びたい心旺盛な小学生ですから、効率よく勉強させたいと親なら願うものですよね。毎日毎日学校から帰ってきて、夕食まで机に向かっている子どもを誇らしく思う親もいるかもしれませんが。好きで勉強している子も多いでしょうから、遊び感覚で机に向かう子もいるかもしれません。嬉しい限りです。遊びたい、運動したい元気なお子さんを机に向かわせるのには、なにかコツがあるように思います。逆に運動をしていて、体力のある子どもは集中力もありますよね。2時間ぐらい休憩を取らずに没頭するような子もいるようです。中学校お受験に巻き込まれて可哀想!なんて親もいるかもしれません。でも、小学生から中学生になる時間はとても貴重です。おもいきり遊ばせるのはとても良い事。でも、遊びだけにならないように、お受験を考えていなかったご両親も、「お受験」という目標をもたれてみるのもよいかもしれませんよ。